ブログ

些細なテーブルの角に気を使う(カバーする)

  • LINEで送る

幼少時代からいったい何度ぶつけてきたか・・・
一番身近なテーブルから注意を受ける。笑

これが、結構痛い…

テーブルのゴムカバー

身近にありすぎると気づかない事が、いくつか出てきます。

  • 慣れに対する軽視
  • 「大丈夫だろう」という安易な心
  • 感覚に任せ過ぎて、目視しない「生き急ぎ」
  • モノに対する愛着

ちょっと、意識が薄れがちな視点を書いてみました。
はて、なぜ意識が薄れるのか?

  • 自分に関係のないことに気が向かない
  • 「意識する」ということへの認識がない
  • 視点が低い

意識と無意識

人間は、都合が良いので自分勝手。困った時の神頼み。
何かあった時に気づき、動く。(動く方は、まだいいかな。笑)
昔で言うと「意識する」は、「気が利く」とか「おもいやり」という一面でしょうか。
生きるギアを5速から、1速でも落としてみると
色々見えてきます。

視点を高く、俯瞰して見る

スピードが早すぎると見えるものも、見えません。
ところがスピードを落とすとゆっくりと変わって来ます。
視点が変わってくるからです。いい例が、ひとつ。

視点を低く読む

「視点を低く読む」と視野が狭まります。

視点を高く見る

視点を高く持つと色々と目に入って来ます。
その分見落としが減るのではないでしょうか?

  • ちょっとした気づかいをする
  • 速度を変える
  • 視点を変える

この習慣と継続が、意識を変える「きっかけ」になるかもしれません。
些細なテーブルのカバー一つの心づかいが、
いつの間にか、テーブルに対する愛着を生み始めます。
「いつもありがとう・・・。」と…

今年もあと数日。
身近な存在に目を向け、「ありがとう」とつぶやいてみる。
すると自然と「ゆっくり」とした
自分の動きを感じる事ができる

みなさま、いつもお世話になっております。
ありがとうございます。
感謝

  • LINEで送る

お問合せメールフォーム

お名前 (必須)

会社・施設・団体名

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容 (必須)

プライバシーポリシーに同意する(必須)