ブログ

4点杖だから安定するのか?

  • LINEで送る

先日4点杖を届けに行ってきました。
初めてご自宅の方へ伺い、感じたことがひとつ。

自分自身の動きに合う杖を選ぶ

この杖が、周囲の環境と自分の状態に合っているのか?

ご自宅までの道中、私は重ステ車両で移動していると
車でもきつい坂が多々ありました。
そのためか、出てきた言葉が

「散歩行かれるんですか?」
「杖は、家の中で使われるんですか?」

おじいちゃん曰く、「散歩・・買い物に、行くよ。」

4点杖・・・「散歩・・急な坂」
想像するだけで、気になりますよね。
もう一度確認するように手配!!

急な坂道

4点も足があるから大丈夫?!

なんて事は、なく。
4点も支点があるから、危険につながることもあります。
例えると「散歩していてる道が、4差路あるのか」
「一方通行なのか」の違いがあります。
つまり、環境によって、気をつけなければいけない点が
4つか1つか?と出てきます。

杖は、自分の体重を支えるもう一つの足

そのため、体重を掛けた時どうなるのか、認識しておかなければいけません。
2本足は、長年付き添っているので「感覚と脳」が認識していますが
第3の足となる杖は、そうもいきません。

ご年配の方になると「イメージを口頭で伝える」ということが、難しくなります。
結果、体感、体験で体で覚えることが自然というか
昔からの体得方法。すると危険値も高まります。要注意です。
「その時の背丈に見合うモノ選び」が、不可欠になります。

内的環境(利用者自身)と外的環境(取り巻く周囲)を把握する

あわやでは、少しでも危険を避ける事ができる道を提案しています。
「それが当然」では、ありますが、まず状況を把握。
ところが、日々変化しているため簡単ではありません。
ケアーマネージャさん、訪問介護師さん、ご家族の皆さんと二人三脚、三人五脚・・・と
共に歩んでいきたいと思います。

環境を体感する

  • LINEで送る

お問合せメールフォーム

お名前 (必須)

会社・施設・団体名

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容 (必須)

プライバシーポリシーに同意する(必須)