ブログ

(腰痛予防のための)介護労働環境向上奨励金。

  • LINEで送る

介護職員の腰痛予防のために必要な機器類の導入については600万円上限で費用の1/2が支給されます。

今年からは特殊寝台が支給対象外となりました。

あらかじめ、導入・運用計画を作成し、都道府県労働局の認定を受けることが必要です。

 

書類作成など手間のかかることですが、費用の1/2助成はコスト削減できるので導入施設さんにとってはメリット大 かと思われます。

2011年決定台数は 移動用リフト 472台   自動車用車椅子リフト 55台 座面昇降リフト74台  特殊浴槽934台  ストレッチャー607台  シャワーキャリー343台  昇降装置26台  車椅子体重計  611台  除外となった特殊寝台は9197台  (安寿会通信134号より)

 

私たちの実績 Aデイケアセンター  特殊寝台+浴室リフト   B特殊寝台+シャワーキャリー

 

道具を活かすかどうかは使う人次第。

本社の阿南部長が「抱えない介護」の研修後、

専任の講師として腰痛予防講習を行っています。

 

お気軽にお声掛けください(^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

お問合せメールフォーム

お名前 (必須)

会社・施設・団体名

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容 (必須)

プライバシーポリシーに同意する(必須)